• トップ /
  • 不育症に悩んでいるなら

不育症に関する情報

妊娠してまず最初の関門

不育症の内容と様々な原因

不育症とは、妊娠はしても胎児がうまく成長できず、流産や死産などを繰り返し、健康な赤ちゃんを持てない状態を言います。不育症の原因は、染色体異常や子宮の形態異常、ホルモンのなどの内分泌異常、免疫異常、血液凝固異常、ストレスなど、さまざまに考えられます。原因の特定を行い、それに応じた治療をする必要があります。染色体や子宮形態、内分泌、血液凝固などをそれぞれ検査して、原因の特定をはかります。流産や死産を繰り返すことは、女性にとって精神的に大きな負担となります。パートナーの理解と充分な心のケアも大切です。

↑PAGE TOP